wpmaster

11月21日のUMKの番組「Good Smile」にて “元気玉SDGs療育ゲームプロジェクト” の取り組みが紹介されました。

11月21日の UMK の番組 “Good Smile” で、弊社のガルヒ就労支援サービス合同会社(ネイビーマーリン)にて『SDGs』への取り組みが紹介されました。Mr.バニーさんの司会とともに SDGs の考えに則り、障がいのある子供達に対してゲームを開発提供するプロジェクトを紹介するとともに「みやざき中央支援学校」の卒業生で、現在弊社でゲーム開発をされている利用者さんにもお越しいただきお話しを伺いました。

AuDee配信のお知らせ!

FM宮崎及びFM石垣にて放送中の就労支援情報チャンネル『アクセス』がこの度ラジオアプリの “AuDee” でも配信スタートしました!
 “AuDee” はスマートフォンがあれば全国どこでも無料にてラジオを聴く事ができます。また、聴き逃した番組もアーカイブとして残っていますのでいつでも聴き直す事が可能です!
この機会に是非 “AuDee” をインストールし、『アクセス』をお聴きください!

iPhoneの方

Androidの方

療育向けゲーム開発プロジェクト『元気玉』のポータルサイトが完成しました!

弊社では施設に通う方々の実践訓練として、療育向けの知育ゲームを開発しております。つまり、障がい者が障がい児に対してのゲーム開発をする事により様々な好循環を産み出す取り組みです。 既に、様々なゲームがリリースされておりますので是非プレイしてみてください!

元気玉サイトへ https://garhisdgs.com/

小林市〜障がい者就労支援関連企業と協定!

・ガルヒ就労支援サービス(都城市)は、小林市細野に「サテライトオフィス」を新設する。6日、市と立地協定を締結した。6月に操業を開始し、2024年度までに障害者を中心に計17人を新規雇用予定。

・障がい者を対象に全国9ケ所でIT特化型の就労支援を行う「ガルヒ就労支援サービス合同会社」(都城市)の関連会社で昨年5月創業。エンジニアとして雇用し、ゲーム用ソフトウエア開発やデータ入力代行業などを行う。

・サテライトオフィスは、NTT西日本ビル3階の1室(約61平方㍍)。パソコンなどの設備投資額は904万円。初年度は1428万円の生産を見込む。

・小林市役所であった調印式で、宮脇 正 社長は「IT技術を持っていれば、障がいがあるかないかなどは関係ない。地域に根ざした会社にしていきたい」と話した。(野村 圭)

※ なお、この調印式はNHK宮崎でも放送されました。

立地協定を結んだガルヒ就労支援サービスの宮脇 正 社長(左)と宮原義久市長 ー6日、小林市役所ー